小さなミニチュアダックスフンドであろうと

小さなミニチュアダックスフンドであろうと

 

愛犬のしつけができてなければ、あたかも探知犬のごとく、必死になってあっちこっち気になる匂いを嗅ぐような散歩をしなければならないという結果になってしまうようです。

基本的に成長していくと、ポメラニアンでも落ち着きはしますが、しつけ方次第で、相当自分勝手な性格になる事態もあるかもしれません。

普段から犬が吠えるタイミングや環境を確認して、環境などを整備して、正確なしつけを行うことこそ、チワワの無駄吠えの回数を減らしていく最善の策だと思います。

柴犬をしつける際のトラブルで多いのは噛み癖かもしれません。成犬でも直せますが、時間を要するので、子犬の状況からしつけをするのに勝ることはないと思います。

犬の噛むという行為は、大概は脅かしたり体罰を与えるしつけ、我儘に飼育したための支配する側の逆転が原因のはずです。みなさんは、甘噛みしていたのを許していたのではないでしょうか。


子犬の頃、幸せに過ごしていなかったことが原因で、いろんなトラブル行動を垣間見せる犬でさえ、時間をかけてしつけを積み重ねてあげると、そのうち聞き分けない行為が目立たなくなると思います。

子犬の頃、適切に甘噛みをするのはだめというしつけを受けなかったワンコは、成犬になっているのにそれでも甘噛みっぽく飼い主などを噛むこともあります。

例えば、トイレのしつけを行う時に粗相をしてしまったら懲らしめたり、あるいは叱るスタイルが大半だったのですが、これらは実は不当です。

例えば、子犬が噛む時というのは、「噛むことは許されない」というしつけを行う持って来いのチャンスだと思います。犬が噛まないと、「噛むのは良くない行為だ」という事をしつけることはできないですから。

ただ好き気ままにさせないで、子犬のころからしつけを実行しておくと、犬の世界には柴犬ほど飼い主に従順な犬はいないだろう、と言ってもいいほど指示に応えるでしょう。


例えば小さなミニチュアダックスフンドであろうとも、手にした段階から、というよりも飼い始める前の準備の時からしつけなどは始まるようです。

まず、柴犬の小犬を育てた後の目的によってしつけ方法は異なり、家のペットとして飼育する時は、半年以内に実行しておくと、あとで柴犬との生活に支障がなくなります。

吠える愛犬のしつけを実行する際には原因自体を区別して考えることが大切になってきます。その上で、犬が吠える理由の消去としつけ訓練を同時進行で実行してください。

飼い主の皆さんは、散歩のときの拾い食いによって愛犬の生命を劣悪化させることがあっては困りますから、忘れずに散歩のしつけを実践することが肝心でしょうね。

ペットをしつける際に注意してほしいのは、しつけていく行程、つまり教える順序で、トイレのしつけであっても、当然、同じことだと言えるでしょう。