良くあるチワワのしつけのトラブル

良くあるチワワのしつけのトラブル

 

柴犬というのは、無駄吠えみたいな問題行動をしやすいタイプみたいです。なので、無駄吠えをしつける際には「すんなりとはいかないかも」と考えておいたほうが気楽でしょう。

良くあるチワワのしつけのトラブルとして、うるさく吠える、ということが言われたりします。家を出ると、横を通る人たちにやたらめっぽう吠えるようになるなど、扱いに困る犬を見かけたことがあるかもしれません。

トイレをしつけしていて一定以上褒美の餌を上げるということをしたら、犬に対する「褒め」の思いが受け入れられているか否か、確認すべきです。

可愛いから、人気のあるミニチュアダックスフンドの子犬を見つけて飼い始めたまではいいけれど、実際問題、しつけ法は見当が付かない、という悩みをちょくちょく聞いています。

もしも、従順な犬とお散歩をしていたら、他の愛犬家からも感心されるばかりか、別の飼い主さんにしつけの手順を教えてあげると、ドッグオーナーさんの間で救世主になるは目に見えています。


ペットをしつける際は、吠えるまたは噛む行為は、原因はどこにあってそのように吠え、噛むのかを観察しつつ、「吠えるのは悪い」「噛むのは良くない」としつけをすることが必要でしょう。

「今のままじゃわがまま放題になる」「社会の規則は身に付けさせたい」などと、前向きに対応するように、異常に吠える犬のしつけトレーニングも変わりないと思います。

しつけ方法の振る舞いとして、何があろうとポメラニアンを殴っては危険です。怯えたりして、全然心を閉ざした犬になる可能性があると聞きます。

もしも、昂ぶって噛む犬をしつけるのであれば、落ち着き払って、ゆっくりとして実行するのが重要だと思います。感情的になってしつけてみても、無益ではないでしょうか。

ポメラニアンの特徴として、しつけられて主人との信頼関係を深めていくことを楽しく思う生き物なので、子犬の時期にちゃんとしつけてみることが重要です。


子犬時代に、キッチリと甘噛みなんてしてはだめだといったしつけなどされたことがない飼い犬は、成長しても突然のように強くはなくても飼い主などを噛むことがあるようです。

基本的にトイプードルは、犬の中でも極めて頭が良くて、陽気な性質です。オーナーに従順で懐きやすく、鋭い感性があるだけではなく、反応も素晴らしいので、しつけをするとしっかりと習得するはずです。

噛む原因は、そのほとんどが威嚇や体罰を含んだしつけ、我儘を許したための主従関係の反転に起因しています。あなたは、甘噛みしていたのをほったらかしていたかもしれませんね。

かつて私も、しつけする前の犬が吠える、そして噛む、に困ったものです。大事な愛犬なのに、私を相手に吠えるし噛みつくしで、ひどく惨めでした。

むやみに犬が噛むのはしつけが十分でないからです。的確なしつけの仕方を実践したりしていないのです。ネットで紹介されているしつけ方法でも、正しくない点がいろいろとあるのではないでしょうか。